2013年9月12日木曜日

サルコペニア肥満

「サルコペニア肥満とは、サルコ=筋肉、ペニア=減少という意味で、筋肉が減少することと、
 
肥満が合併した状態を指します。高血圧になるリスクは女性で2.3倍、糖尿病につながる危険因子の値は19倍、
 
さらに骨折や転倒、寝たきりになるリスクも格段に高まります」

 こう言うのは、サルコペニア肥満研究の第一人者で筑波大学大学院教授の久野譜也(くのしんや)先生。
メタボより怖いと注目を集めているのがサルコペニア肥満なのだ。

 
「筋肉の量は20代をピークに毎年約1%減少していきます。
 
いま40歳なら20年後の60歳には20%も減少している計算になる。
 
予防をせず、加齢のまま進行させてしまえば、やがて歩けなくなるまでに筋肉は減っていきます。
 
チェックリスト

□ふだんの生活のなかで、つまずくことが増えた。
□以前に比べて、歩くのが遅くなった気がする。
□猫背になっていることが多い。
□階段よりも、エレベーターやエスカレーターをよく使う。
□布団の上げ下ろしや掃除機かけなどの家事が、以前に比べてつらくなってきた。(以上、サルコペニア項目)
□テレビや雑誌で取り上げられる「◯◯健康法」「◯◯ダイエット」を実践しても、やせられないことが多い。
□急な食事制限ダイエットを行った後、リバウンドしたことがある。
□最近、太りやすくなった気がする。
□検診やかかりつけ医で体重を減らすように指示された。
□BMIが25以上である。(以上、肥満項目)


 チェックの数が多いほど、サルコペニア肥満である可能性が高い。
 
予防のためには筋肉の量を維持することが、何より重要。それにはやはり、運動と食事です」。

と、yahooニュースに出てました。

THのお客様は、大丈夫です(*^^)v

名古屋 栄 錦 丸の内 伏見 
糖尿病改善
加圧 ダイエット TH(ティーエイチ)
住所:名古屋市中区錦3丁目13-5 中央マンションビル B棟 6F 606号室
TEL:052-971-7666

0 件のコメント:

コメントを投稿